医療機関で受けるという安心感

医師や看護師にすぐ対応してもらえる

医療機関で施術を受けるレーザー脱毛では、有資格者である医師や看護師が対応しているため、何か不安なことやトラブルがあっても、すぐにその場で医師が診察を行い、必要に応じた処置を受けることができます。レーザー脱毛を行う際には、肌トラブルが起きないよう様々な注意が払われていますが、ヒリヒリとした痛みが生じたり、炎症、ヤケドのリスクがあります。自然治癒できる症状のものもありますが、個人ではなかなか判断が難しいものです。そのような時に、専門的な立場から判断してもらえると安心できますよね。また、医薬品の塗り薬などの処方をしてもらえるのも、安心できるポイントです。エステサロンでは、医薬品の処方をすることができません。

高い効果が期待できる

家庭用の脱毛器や、エステサロンで行う脱毛は、医療機関で行うレーザー脱毛とは異なり、施術時の出力は低く抑えられています。そのため、一回の施術で得られる効果は医療機関のものよりも少なく、「脱毛にどのくらい時間がかかるのかな」と心配になることもありますよね。医療機関で行う場合は、強い照射を行うことができるため、毛の組織を毛根から破壊することが可能です。そのため、エステ脱毛に比べて少ない回数で脱毛が完了します。その分、痛みを感じやすくなりますが、施術時には医師が肌の状態などを診察し、状況に応じて麻酔や痛み止めの処方を行う場合もあります。医療機関ならではの高い効果は、脱毛をする際の安心感にもつながります。